交通事故の恐怖

交通事故を起こせば、相手に対してその事故の責任を取るために必要な謝罪を行ったり損害賠償を行ったりということが出てきます。お金で解決できるならば、お金がかかるので痛手とはなるもののまだ良いことです。治療費を支払って相手の怪我の完治を願ったり、壊れた車の修理をすれば解決できるためです。しかし、中には一生残る傷を顔のような目立つところに負わせてしまったり、大事にしていた世界に数台しかないような車を壊してしまったり、一生寝たきりや重たい傷害を負わせてしまったり、最悪の場合は死亡させてしまったりというようなことがあると、相手に対してどれだけ償っても償いきれない状態が起きてしまいます。

 

また、一般的には許してもらうことができる交渉で相手が渋ってしまったり、不当な損害賠償を請求されてしまったりというトラブルが起きることもあります。このような状況になってしまうと保険で可能な限りの損害賠償を行うこともできますが、両者が納得して保障内容が決められないと弁護士が介入して話し合いをしていく必要が出てくることもあります。

 

このように交通事故というのは事故のその場だけでなく中長期的に話し合いが必要となってしまうこともあります。特にお金のことで話し合いが長引いてしまうとお互いにとても後味悪く嫌な思いをするものです。そのような面からも交通事故というのは起こさずに済むことが望ましいことなのです。交通事故は普段から気をつけることで防げるのです。