交通事故が起きたら、まずは警察への通報をします。そして、加害者と被害者の身元をはっきりさせること、加害者と被害者の双方の事情聴取と現場検証を行って事故の状況をまとめた実況見分の作成を行います。その際、交通事故でけが人が出ていれば、救急車を呼び、けが人の安全確認と身元保全を行います。

 

警察と消防への通報と現場検証までが行われると、加害者は保険会社へ連絡をして交通事故の報告をします。被害者も自動車に乗っていた場合には、保険会社に電話をして事故の知らせをしておきます。けが人が入院の必要があった場合には、入院の期間に応じて短ければ治療が完治したところで、損害賠償額が確定したところで交渉が始まります。長期的な治療が必要であったり障害が残るような場合には、症状が固定したところで交通事故後遺障害診断書を作成して、症状固定をした上で示談交渉が始まっていきます。これらの作業が起きたところで示談交渉が始まっていきます。

 

基本的なやり取りは保険会社を通して行うのですが、怪我を負わせた場合、相手に謝罪は必要です。これは保険会社が行うのではなく本人が行うべきであり、それについては早いうちに自分でアポイントを取って行っておくべきです。